HOME > 梨状筋症候群のページ

梨状筋症候群

梨状筋症候群とは?原因は?

梨状筋症候群は、坐骨神経の生理的狭窄部位である、梨状筋の圧迫・緊張により坐骨神経を圧迫し、臀部や足へのしびれ、痛みが出てくる症状になります。

rijyoukinsyoukougun01

股関節の捻挫など、繰り返しの負担により、臀部の筋肉に負担がかかり、特に梨状筋の圧迫、緊張により坐骨神経痛を併発することもあります。(股関節の内側へストレッチをかけて梨状筋症候群の疑いの有無を調べるテスト法もあります)

また、臀部の筋肉の肉離れ・打撲などが原因で梨状筋症候群・坐骨神経痛を併発することもあります。

梨状筋症候群は、特にデスクワークでの姿勢やバランスの悪さ、椅子に座っている時間が長く、梨状筋を圧迫し緊張している方に多い症状となります。特に20歳代~60歳代の方に多い症状となります。病院でレントゲンやMRIで検査しても良く分からず、「梨状筋症候群でしょう」と言われることもあります。


 

梨状筋症候群の症状は?

rijyoukinsyoukougun02

梨状筋症候群は、長時間座っていたり、歩行時に臀部坐骨付近中心から坐骨神経に沿って、足全体にしびれや痛みが出る症状です。

臀部にある梨状筋の緊張に原因があり、坐骨神経を圧迫し坐骨神経痛の症状がでます。

坐骨が、椅子や床に長時間当たるとしびれ・痛みが強く出たり、臀部の筋肉を伸ばしてストレッチをかけた際に坐骨神経痛の症状が強くでたりします。

また、ジョギングやウォーキングなどでも臀部の痛みや、足全体にしびれ・痛みが強く出たりすることもあります。

長期的に出る症状でなかなか良くならないケースが多いので、早めの治療を受ける事をお勧め致します。


 

梨状筋症候群かも??

自分も梨状筋症候群かもしれない?

rijyoukinsyoukougun03 rijyoukinsyoukougun03_2

何だか最近、臀部・足全体にしびれや痛みがでている。

一人でできる簡単なテスト法

1. 臀部が痛い側の膝を曲げていきます。

2. 反対側の足の外側まで、膝を曲げた状態で捻り臀部の筋肉にストレッチをかけていきます。

この時に、臀部付近に強いしびれ・痛みが出ると梨状筋症候群の疑いがあります。

また、臀部から足全体にかけてのしびれ・痛みが増強するとなれば、梨状筋症候群から、坐骨神経痛を併発している疑いがあります。


 





 

施術メニュー・料金

施術料金について

初回(40分~50分 カウンセリング含みます) 7000円
(初診2000円+施術料5000円)
2回目以降(30分前後) 5000円


 

アクセス方法


住所 〒730-0856 広島県広島市中区河原町13-13 ネオライフ舟入1階
交通 広島電鉄:江波行き 舟入町駅下車(降りて目の前、徒歩30秒です)

JR電車:横川駅下車→(乗り換え)広電 江波行き舟入町駅下車 JR横川駅から 約15分くらいです。

車の方:広電 舟入町駅を目指して来てください。舟入町駅の前にあります。

 

お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 082-233-6636
icon お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る